ナンバーリンク
スリザーリンク問題集へ
スリザーリンク問題集
パズル美術館問題集へ
パズル美術館問題集
アイスバーン問題集へ
アイスバーン問題集
ぬりかべ問題集へ
ぬりかべ問題集
ましゅ問題集へ
ましゅ問題集


ナンバーリンク問題集

 
ナンバーリンクの問題集です。内容、ルールの分からない方はナンバーリンクトップページをご覧ください。
最初のうちは、サイズも小さく比較的簡単な問題が多いです。

ウォーミングアップのつもりで解いてください。
徐々に、大きいサイズの問題、難しい問題になります。難しい問題も頑張って解いてください。

問題の番号は、次のようになっています。[0001a/10X10-1下段に(171022)]
最初の「0001」が全パズルの通し番号、次の「a」が難易度、次の「10X10」がパズルの大きさ、
次の[1]がその大きさの番号、そして下段の()内は問題登録日の日付です。
修正があった場合は、その後ろ/以後に修正日を記入します。

難易度は、a:簡単、b:まあ簡単、c:普通、d:やや難しい、e:難しい、f:超難、g:激難となっています。
難易度は、私が解いてみた感触で付けています。

問題に関する注は最下部にあります。そちらも参考にお読みください。

(*Firefoxは、52以降 Chromeは、42以降 Safariは、12以降 Java をサポートしなくなりました。カンペンをお使いの方は、それ以外のブラウザをお使いください。)

 最新問題28~30問  過去問リンク →過去問1
0415c/10x15-102
(201128)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0414d/15x20-66
(201125)
0413c/10x10-112
(201123)
0412c/15x15-84
(201120)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0411d/20x20-42
(201118)
0410c/10x15-101
(201115)
0409d/15x20-65
(201113)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0408c/10x10-111
(201110)
0407e/20x30-9
(201108)
0406d/15x15-83
(201105)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0405d/20x20-41
(201103)
0404d/10x15-100
(201031)
0403d/15x20-64
(201029)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0402c/10x10-110
(201026)
0401c/15x15-82
(201024)
0400e/20x20-40
(201021/1029)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0399c/10x15-99
(201019)
0398d/15x20-63
(201016)
0397c/10x10-109
(201014)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0396f/20x30-8
(201011)
0395d/15x15-81
(201009)
0394e/20x20-39
(201006/1014)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0393d/10x15-98
(201004)
0392d/15x20-62
(201001)
0391c/10x10-108
(200929)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0390d/15x15-80
(200926)
0389e/20x20-38
(200924)
0388c/10x15-97
(200921)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
最新問題28~30問  →13 過去問リンク


注)

「ナンバーリンク」は昔からあった同じものを線でつなぐというパズルを、枠の中に納めることにより、
線の通し方(線の通る本数)をはっきりとさせたパズルと言えます。
ニコリでは、読者の投稿によりパズル誌を発行していますが、パズルの投稿に際しては、制作上に
ある程度の規定を設けているようですが、「ナンバーリンク」に関しては規定はないようです。

「ナンバーリンク」の回答では、ルール上「全てのマスに線が通る」ことは明記されていないようですが、
作品は、「全てのマスに線が通る」ように作っているようです。
ですから、正解の場合は「全てのマスに線が通る」事になりますが、もし全ての番号がつながっても
空白マスが残った場合は「別解」(短絡解)があったわけで、作者のミスと言う事になります。

そんなわけで、私の作成する問題も「全てのマスに線が通る」ように作っていますが、
もし、「別解」(短絡解)を見つけられた方は、お知らせ願えると助かります。